日本と聞いて、まず思い浮かべるのは寿司かもしれません。しかし、書道やテクノロジー、茶道や華道という、世界に知られた伝統芸術でも日本は知られています。卓越した伝統的な詩や文学の形で残された文化的遺産も非常に豊かです。 

携帯電話、新幹線、あるいはカラオケ等々、素晴らしいテクノロジーで日本は知られています。日本は世界でも独自性の特に高い国の1つです。伝統と豊かな文化で知られる日本は、世界でも有数の美食の国でもあります。 

日本には多様な雇用機会があります。そのためポーカーは職業でも趣味でもない位置づけなのです。賭けポーカーは、法によって厳しく禁じられています。あまり知られていないことですが、ギャンブルは非合法なのにも関わらず、日本はこれまでに何人もの素晴らしいポーカープレイヤーを生み出しています。 

日本の5人の偉大なポーカーの達人たちをご紹介します。 

當眞嗣成:日本の獲得賞金ランキングで史上1位のプレイヤーとして知られています。世界の獲得賞金ランキングでは783位です。グローバル・ポーカー・インデックスでは162位、そして人気順位は1,156位となっています。この記事の執筆時点で、生涯獲得賞金は2,271,373米ドル、ライブキャッシュは最高で58,194米ドルです。こうした情報を総合的に考えると、疑いの余地なく彼が現在最高の日本人ポーカープレイヤーです。 

當眞嗣成
画像:worldpokertour.com 

四鹿和彦:日本で最も成功を収めたポーカー・プレイヤーの1人です。数多くの国際的なイベントの常連出場者です。最近では、ワールド・ポーカー・ツアーWPT LAポーカー・クラシックで37,000米ドルを獲得しました。現時点での生涯獲得賞金は1,682,654米ドルで、これは世界ランキングでは1,142位となり、日本では第2位のプレイヤーです。 

四鹿和彦
画像:pokenews.comのご厚意により転載 

小倉孝:東京を拠点としたスタープレイヤーです。権威あるトーナメントでの優勝により、アジア各国で名を馳せています。現時点で、日本では第3位のプレイヤーです。これまでの生涯獲得賞金は1,664,976米ドルで、人気順位は753位です。 

小倉孝
画像pokenews.comのご厚意により転載 

香川雅昭:日本ポーカー界の生きる伝説であり、恐らくは最も良く知られているプレイヤーです。2013年以来、彼は、公式にはプレイしていません。プレイヤーとしての空白期間はしばらくになりますが、生涯獲得賞金順位は日本人プレイヤーとしては4位です。報道によると、国内でいくつかの事案に巻き込まれ、2013年に逮捕されたとのことです。プレイヤー時代、ライブキャッシュは最高で468,030米ドルでした。日本のポーカー史上で有数のプロプレイヤーで、2012年のEPTグランドファイナルに出場したことで高位ランキングのスタープレイヤーの座を不動のものにしました。こうした活躍にも関わらず、出会い系サイトとアンドロイド向けマルウェアに関連した詐欺容疑で逮捕されてしまったのです。 

香川雅昭
画像:pokenews.comのご厚意により転載 

余語葦織:日本の新進気鋭のプレイヤーです。名古屋に拠点を置き、生涯獲得賞金は1,512,193米ドルです。アジアで最も格式が高いとされているポーカー大会に出場しています。台湾、フィリピン、ベトナム、韓国、オーストラリアでのプレイ経験があります。ポーカー界の将来のスターと目されており、そうした期待を裏付けるだけの実績も上げています。2019年、彼はAPTでトッププライスを獲得しました。